国際文化理容美容専門学校
渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定
MONTHRY ARCHIVE
  • 14.04.07
  • 楊貴妃に惑う

2014_0407_blog_01.jpg

4月に入り一週間が過ぎました。いよいよ本日4月7日より、新2年生(120期)が登校を始め、明日の『入学式』を終えると “新入生” (122期)が国際文化の一員となります。

2014_0407_blog_02.jpg

やはり、毎年繰り返される流れのなかで、新入生の登校が始まらないかぎり、いくら桜が満開を迎えようとも学校が “春本番” という雰囲気にならないのは、国際文化に限らず全国の理美容専門学校ないしは専修学校、さらには小・中・高・大学校も同じなのでありましょう。いよいよ国際文化も “爛漫の春” を迎えようとしております。

2014_0407_blog_03.jpg

ところで、そんな “春” を待ち侘びる先週、国際文化を会場にある催しが開催されておりました。催しは『衣紋道高倉流たかくら会 東京道場』が開いた『お香の会 杜若香』(かきつばたこう)。

2014_0407_blog_04.jpg

この催し、衣紋道高倉流たかくら会 仙石宗久 宗会頭の ご指導のもとに行われているもので、ワタクシたちの生活では なかなか体験することが かなわない『香道』の “敷居を下げる” ことを主眼に置き、細かな “形式” を ある程度省いて “ゲーム性” を最大限楽しめるように企画されたもののようであります。

2014_0407_blog_05.jpg

今回の開催は4月。旧暦ならば “夏” ということですので、少し気の早い “夏の組香” 、『杜若香』と銘打たれて催されておりました。この “組香” 、要するに “お香” の香りを “聞き” 当てる(嗅ぐというのでは品がないので、この世界では “嗅ぐ” ことを “聞く” という)ゲームなのでありまして、この日用意された “香” のなかに忍ばされた “楊貴妃” という大変貴重な “香” を聞き分けておりました。

2014_0407_blog_06.jpg

かつて、玄宗皇帝を虜にし、唐を “傾国” に追いやった “楊貴妃の香り” に、1200年の時空を超えて “惑わされた” 参加者でありました。

SNS Share
       
MONTHRY ARCHIVE
  • 募集要項
  • お問合せください
  • 国際文化学園事業部
  • THE BARBER
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube