国際文化理容美容専門学校

渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定
MONTHRY ARCHIVE
  • 19.03.01
  • 時と場合

_MG_8026.JPG

 このブログ、前回、前々回と1年生(130期)の“試験ネタ”をご紹介しました。なので雪崩式に今回も“試験(学科)ネタ”を。

 1年生の“学科試験”の様子をパチリしていて気づいたのでありますが、答案用紙(マークシート)の記入方法を巡り、人は“2種類の人間”に分類されるのではないかと。

 で、どう分類されるのかといいますと、“1問1問マークする”人間と、問題用紙に答えを書いておいて、後で“一気にマークする”人間に分類されるのではないかと・・・。学生を見ていると、どうもその2種類に分けられるようだ。

 これ、要するに“確実性”をとるか“効率”をとるか、ということになるのだろうけれど、どう考えても“試験の場合”は前者、つまり“確実性”を優先させて“1問1問マークする”方が、ミスマークしてしまうという単純ミスは減る。

_MG_8002.JPG _MG_7986.JPG

 ところが、世の中そんなに単純じゃないというのが世の常。国際文化の学科試験は50分で20問を解く。なので“確実”にその都度マークするのをお勧めしたい。が、例えば50分で200問を解く、となったらどうだろうか。“確実”にやっていたら最後の問題まで辿り着けない。やはりこの場合は“効率”を求めるべきかもしれない。或いは、どちらにしても50分で200問は無理だから“確実”に解いた方が結局はいいのでは、というご意見もあろう。でも“問50”から“問100”の間に、昨夜勉強したところが集中して出題されている、なんてことはないだろうか。そうなると“確実”にやっていたら“オイシイところ”に辿り着けないかもしれない・・・。

 事程左様に、ものごとは“ケースバイケース”。“確実性”をとるのか“効率”をとるのかは、“ケース”によって異なる、という当たり前の帰結に落ち着くのでありました、メデタシメデタシ。

 などと、クダラナイことばっかり考えてしまうワタクシって・・・。

_MG_8012.JPG

SNS Share
       
MONTHRY ARCHIVE
  • お問い合わせ
  • 募集要項
  • 学園ブログ
  • 在校生へのお知らせ
  • 国際文化教育総合研究所
  • 国際文化学園事業部
  • 活躍する卒業生
  • THE BARBER
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • 東京の美容専門学校は国際文化理容美容専門学校。美容師・理容師の国家資格免許の取得に向けてヘアメイク・カット・ネイル・ブライダル・エステ・着付など、美容のすべてを学ぶ環境です。技術専門の教員が中心に授業や就職面をサポートします。
    最新のファッション・アート・カルチャーを日々体感できる「渋谷校」、広いスペースと充実した設備が特徴で、新しい商業施設と昔ながらの住環境が共存する「国分寺校」がございます。
    2つの校舎で「つくす心」を教育理念として美容理容の技術者の育成に力を注いでおります。