国際文化理容美容専門学校

渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定
MONTHRY ARCHIVE
  • 19.08.26
  • 表紙を飾る

_DSC2706.JPG

 今回は、少し前のオハナシをご紹介、学生ではなく“先生”のオハナシ。

 さて、この広い日本には(人の居住できる地域は、人口の割に狭いかもしれないが…)、さまざまな“職業”があり、更にその“職業”を取り巻く“業界”というものがあり、更にその“業界”でのみ発行される“業界誌紙”というものがある。これ、何かといえばその業界内だけに流通する“新聞”や“雑誌”があるということで、我らが“理美容界”にも“業界新聞”や“業界誌”と云うものが存在する。しかも“理美容界”は“理容室”13万店舗に“美容室”25万店舗を擁する“メガ業界”であり、複数の“業界誌紙”が、カッコ良く云えば“群雄割拠”しているという状態。ある意味、こんな業界ちょっとない。

 まぁ、“自分んところ”の自画自賛はさておき、そんな“理美容業界誌”に『理美容教育出版(株)』さんの刊行する『PROF RIKEI』という雑誌があり、この雑誌の“2019年7月号”に本学(国際文化理容美容専門学校 渋谷校/国分寺校)国分寺校の瀧下克俊 教職員が掲載されたというオハナシ。

_DSC2710.JPG _DSC2703.JPG

 で、瀧下教員が何故“RIKEI”に掲載されたのかというと、この雑誌に“Athlete Creation 磨き上げられた技術から生まれる感性”というコーナーがあり、毎回、さまざまな“コンテスト”で“チャンピオン”に輝いた技術者を取り上げ、その“技術”や“マインド”を紹介しているのだそうで、過日、『DHK FESTIVAL』“アートスタイリング コンペティション”部門で“チャンピオン”になった同教員に白羽の矢が立った模様。

 しかもモデルに起用されているのは、今春に国分寺校を卒業した重水桃夏さん。そして更に“しかも”なのは、その作品が“表紙を飾った”ということで、なかなか皆さんの目に留まる機会はないかもしれませんが、誌面をパチリしましたのでご覧あれ。云うまでもなく“表紙”は“雑誌の顔”。なのでそこに作品が採用されることなんて、ちょっとない。

 まぁ、それはさておき、本学の教職員は、技術を学生に“教える”に留まらず、日頃より自身の“技術向上”に余念が無いようであります、あっぱれ! とまぁ、今回は“自画自賛”なオハナシでありました。

_DSC2702.JPG

SNS Share
       
MONTHRY ARCHIVE
  • 学校案内
  • アクセス
  • 募集要項
  • 総合型選抜(旧:AO入学)WEBエントリー
  • 在校生へのお知らせ
  • 国際文化教育総合研究所
  • 国際文化学園事業部
  • 国際文化学園 美容考古学研究所
  • THE BARBER
  • 教員募集
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • 東京の美容専門学校は国際文化理容美容専門学校。美容師・理容師の国家資格免許の取得に向けてヘアメイク・カット・ネイル・ブライダル・エステ・着付など、美容のすべてを学ぶ環境です。技術専門の教員が中心に授業や就職面をサポートします。また入学者を募集しています。総合型選抜(旧:AO入学)、学校推薦型選抜【指定校制】(旧:指定校推薦入学)、学校推薦型選抜【公募制】(旧:公募制推薦入学)、一般選抜(旧:一般入学)などのご相談は、オープンキャンパス・個別の見学会にてお待ちしております。