国際文化理容美容専門学校

渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定

BLOG

MONTHRY ARCHIVE
  • 20.05.22
  • ロケットマンホール

_DSC2370.jpg

 このコロナ禍を期に、生活のカタチが変わるだろうといわれている。コロナの前と後では同じ生活は送れるハズもないというのだろう。

 自然、人々の行動に抑制的なバイアスが掛かり、より生活質素なものに、趣味娯楽もより地味なものになるに違いない。ポジティブな表現に置き換えればより清貧とでもいうべきか。世界中の真摯な宗教家が求める世界が訪れるかもしれないし、少なくともスローライフな御仁が増えるのは確実だろう。

 そうなると、これまでマイノリティだったスローな趣味も俄然人気が出たりするのかもしれない。例えばマンホール鑑賞(正確にいうならばマンホール蓋鑑賞)などというご趣味はいかがだろうか。これからの時代、街を歩くにしてもなるべく人さまが掛からないよう、俯(うつむ)いて歩くのが望ましい。でも、地面ばかり見ていてはどうにも気が滅入るに違いない。

 そこでオススメしたいのがマンホール鑑賞というわけ。まぁマンホールについては、少し前には書籍が出版されるなど、ちょっと注目度がアップしている感も否めないが、それでもまだメジャー入りするには力量不足といわざるを得ない。趣味にするならが狙い時か。

_DSC2378.jpg _DSC2384.jpg

 ということで、取っ掛かりにこんなマンホールを鑑賞してはどうだろうか。場所は東京都国分寺市。JR中央線・国分寺駅の北東エリア風変わりなマンホール蓋が13基も点在している。

 このマンホール蓋、その名を『ロケットマンホール』と呼ぶのだそうで、『日本の宇宙開発発祥の地』といわれる国分寺市に因んだ名前なのだとか。

 国分寺市といえば、『日本ロケットの父』といわれる糸川英夫博士が1955年、日本初のロケット発射実験を行なったところで、以来、宇宙開発発祥の地と呼ばれているのだそう。

 ロケットマンホールは、この日本初のロケット発射実験60周年を記念した2015年に造られたそうで、当時の発射実験場があった現在の早稲田実業学校(早実)さん付近の歩道に設置されている。ちなみに早実さんの校門前には発射実験の記念碑もあるので、併せての鑑賞をオススメしたいところ。

 で、気になるマンホール蓋の図柄は、歴代のジャパンメイドロケットのサイズ入り図解で、ロケットマニアもご納得か。国分寺市公式キャラクターのホッチが登場するものもあるので、探してみてはいかがでしょう。

_DSC2367.jpg

 ところで、この時の実験に使われたロケットは、『ペンシルロケット』(全長/230mm 直径/18mm 重量/200g)と呼ばれる小さなものだそうで、現在『JAXA』(宇宙航空研究開発機構)が開発を進める最新型の『H3ロケット』(全長/63m 直径/5.2m 重量/574t)と比べるとその差は歴然。60年という時の流れ進歩のスピードに、千里の道も一歩からを再認識した次第。

 とまぁ、そんなことに思いを巡らせつつ、本学(国際文化理容美容専門学校 渋谷校/国分寺校)の国分寺校にお越しの際には、少し足を伸ばしてのマンホール鑑賞をオススメいたします。くれぐれもばかり見て、交通事故に遭わないようご注意くださいませませ。

SNS Share
       
MONTHRY ARCHIVE
  • お問い合わせ
  • 募集要項
  • AO入学WEBエントリー
  • 在校生へのお知らせ
  • 国際文化教育総合研究所
  • 国際文化学園事業部
  • 国際文化学園 美容考古学研究所
  • THE BARBER
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • 東京の美容専門学校は国際文化理容美容専門学校。美容師・理容師の国家資格免許の取得に向けてヘアメイク・カット・ネイル・ブライダル・エステ・着付など、美容のすべてを学ぶ環境です。技術専門の教員が中心に授業や就職面をサポートします。また入学者を募集しています。AO入試、指定校推薦、公募制推薦入試、一般入試などのご相談は、オープンキャンパス・個別の見学会にてお待ちしております。