国際文化理容美容専門学校

渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定
MONTHRY ARCHIVE
  • 20.08.07
  • 7月のお盆

_MG_6698.jpg

 日本全国、もうすぐお盆お盆帰省シーズンであり、民族大移動の季節。とはいっても今年はコロナ禍でもあり移動感染拡大を伴うため、ご先祖さまや亡き人をご供養するのも、そっと心の中で行うべきなのか、判断の分かれるところ。国の方向性では帰省を自粛して欲しい旨の発表がありましたね、なかなか悩ましいコロナ禍なのであります。

 さて、本学(国際文化理容美容専門学校 渋谷校/国分寺校)では毎年、お盆に今は亡き創設者校長の両武市先生を迎えて感謝の意を伝えているところでありますが、今年もほぼ1ヶ月前の7月13日に迎え火を焚いてお迎えし、任意の教職員で感謝を伝えて16日に送り火を焚いてお送りしました。

 その様子をパチリしたワタクシ、何かに感謝を伝えるという行為は、宗教宗派の枠を超え、祈りというものの本質なのでは…とつくづく。

 ところで、この7月15日にお盆を行うのは、8月15日だと学校が盆休みになっているから、ということのようだが、本来のお盆は7月15日なのだそう。否、厳密にいえば本当のお盆旧暦の7月15日なのだそうで、新暦太陽暦/グレグリオ歴)に換算すると今年(2020年)は9月2日が旧暦7月15日に当たるのだそうだ。

 そもそも何故お盆が8月だったり7月だったりするのかといえば、明治になった日本が西洋に倣(なら)って(こよみ=カレンダー)を太陰暦旧暦)から太陽暦/グレグリオ歴新暦)に替えたというのがコトの発端。

_MG_6667.jpg _MG_6688.jpg

 明治以前、旧暦7月15日(現在の8月下旬から9月初頭)にお盆を行うのは、時期的に何ら問題がなかった。ところが、新暦旧暦より1ヶ月半ほど前にズレるのだそうで、新暦になって1ヶ月半前倒しになった結果、現在の7月15日の時期は農家のみなさんにとって農繁期なのだそうで、とてもじゃないが手が離せない。なので1ヶ月遅らせて8月15日にお盆を行うようになった、というのが真相らしい。だから8月15日のお盆月遅れ盆と呼ぶのだそう。

 これ、地域によっていろいろ事情も異なるようで、今では7月15日、8月15日、何なら8月下旬から9月初頭と、三つの時期に分かれてバラバラにお盆は行われているのだそうで、この広い日本、なかなか一つのことを一律に同じ日に行うというのは無理があるのかもしれない。イヤハヤ、彼岸の人たちも現世の事情に合わせて行ったり来たり大変なのであります。

_MG_6693.jpg

 しかしそうは言っても、やはり多くの地域では8月にお盆(月遅れ盆)を迎えるところが多いようで、本稿もお盆休みのためしばしお休みを。お盆明けにまたお会いしましょう。

 暑中お見舞い申し上げます、くれぐれもご自愛を。

SNS Share
       
MONTHRY ARCHIVE
  • 学校案内
  • アクセス
  • 募集要項
  • 総合型選抜(旧:AO入学)WEBエントリー
  • 在校生へのお知らせ
  • 国際文化教育総合研究所
  • 国際文化学園事業部
  • 国際文化学園 美容考古学研究所
  • THE BARBER
  • 教員募集
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • 東京の美容専門学校は国際文化理容美容専門学校。美容師・理容師の国家資格免許の取得に向けてヘアメイク・カット・ネイル・ブライダル・エステ・着付など、美容のすべてを学ぶ環境です。技術専門の教員が中心に授業や就職面をサポートします。また入学者を募集しています。総合型選抜(旧:AO入学)、学校推薦型選抜【指定校制】(旧:指定校推薦入学)、学校推薦型選抜【公募制】(旧:公募制推薦入学)、一般選抜(旧:一般入学)などのご相談は、オープンキャンパス・個別の見学会にてお待ちしております。