国際文化理容美容専門学校

渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定
MONTHRY ARCHIVE
  • 21.03.25
  • 色彩感覚

_DSC3273.jpg

 前回に引き続き『学年末技術コンテスト』のオハナシ。

 ワタクシたちが認知しうる情報の8割を視覚情報が占めている、というのは有名なハナシ。では、その視覚情報のいったい何割を色彩情報が占めているのだろうか。

 眼を開けると、まずモノのカタチが飛び込んでくる。そしてそのモノには必ずがある。近視の人はメガネを掛けなければモノの輪郭がボヤけてよりが強調されるのだろうし、色覚異常の人はカタチは鮮明に見えても、認識できないがあったりするという。つまり視覚情報のうちの色彩情報の占める割合は、人によって異なるという、至極あたり前田のクラッカーな帰結に落ち着く。

_DSC3221.jpg _DSC3213.jpg

 という単体では存在できないし、のないモノというのもない。はモノに反射した太陽光(可視光線)そのものだから、のないモノは見えていないことになる。だから漆黒の闇では光が届いていないから何も見えないということになるが、アフリカの草原に暮らすマサイの人たちは想像を絶する視力で、赤外線カメラのように夜目が効くのだそうだ。そうなると夜でもある程度の色彩感知しているのかもしれない。

_DSC3236.jpg _DSC3220.jpg

 そんなのハナシでいえば、ワタクシが今回の『学年末技術コンテスト』で印象深く残っている作品も、ヘアカラーに特徴のある作品だった。余程、奇抜なカタチでもない限り、どうしてもに印象が残ってしまうのは仕方ないことか。まぁワタクシのような藤四郎(素人のことね)の目には、形のディテールよりも色彩で魅せた方が分かりやすいには違いないのだが…。

 ただ、感知できる色彩情報人それぞれなら、特定のから受ける印象というか色彩感覚は、さらに輪をかけて人それぞれだということに留意すべきなのだろう。

_DSC3232.jpg _DSC3268.jpg

 ということで、ヘアカラーが印象的だった作品(ワタクシがですよ)をご覧あれ。よくまぁ1年にも満たない時間でこれだけの技術発想を身につけたものだ、といつの間にか親御さん目線のワタクシであります。

SNS Share
       
MONTHRY ARCHIVE
  • 学校案内
  • アクセス
  • 募集要項
  • 総合型選抜(旧:AO入学)WEBエントリー
  • 在校生へのお知らせ
  • 国際文化教育総合研究所
  • 国際文化学園事業部
  • 国際文化学園 美容考古学研究所
  • THE BARBER
  • 教員募集
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • 東京の美容専門学校は国際文化理容美容専門学校。美容師・理容師の国家資格免許の取得に向けてヘアメイク・カット・ネイル・ブライダル・エステ・着付など、美容のすべてを学ぶ環境です。技術専門の教員が中心に授業や就職面をサポートします。また入学者を募集しています。総合型選抜(旧:AO入学)、学校推薦型選抜【指定校制】(旧:指定校推薦入学)、学校推薦型選抜【公募制】(旧:公募制推薦入学)、一般選抜(旧:一般入学)などのご相談は、オープンキャンパス・個別の見学会にてお待ちしております。