国際文化理容美容専門学校

渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定
MONTHRY ARCHIVE
  • 21.12.17
  • 理想の切れ味

_DSC7429_.jpg

 資源ゴミ回収日を前にして、ダンボールを束ねてスズランテープで結束し「我ながら上手く縛れた」と満足の笑みを浮かべつつ、感動のフィニッシュとばかり結んだテープをテープロールから切り離そうとしたその刹那、ハサミがテープを噛むばかりで「ぜんぜん切れん!」と、なんとも腹立たしい経験をした覚えはおありだろうか。

 あの切れないハサミを使う感覚は、例えばおむすびを包んだアルミホイルを噛んでしまった感覚と同じくらいなものだ。

 ましてや、髪を切るプロが切れ味の落ちたシザース(ハサミ)を使う感覚は幾ばくなるものか。そこで必要になるのが研磨というわけ。

_DSC7391.jpg _DSC7486.jpg

 というわけで、今年も去年に引き続き学生の使うシザースメーカーの『株式会社ヒカリ』(業界最大手!)さんより、出張研磨のサービスがありました(誤解があってはいけませんが、出張がサービスで研磨は有料ですよ、あしからず)。

 今年は渋・国両校で研磨があり、5人の職人さんで4日間、延べ360丁のシザース研磨していただいたのだそう。これで2年生(134期)は切れ味の復活したシザースで年明け早々に訪れる国家試験に臨み、1年生(136期)は2年生への進級を迎えることになります。

_DSC7419_.jpg _DSC7398.jpg

 ヒカリさんが出張研磨を行うのは、ありがたいことに大量に研磨が発生する本学(国際文化理容美容専門学校 渋谷校/国分寺校)に限ったことだそうで、通常の研磨では、分解〜研ぎ〜仕上げ〜組み立て〜検品といった全工程を1人の職人さんが行うのに対し、今回は時間短縮の効率化を求め5人で分業したのだそう。

_DSC7435.jpg

 当然、仕上げは職人歴35年というベテランの職人さんが受け持ち、研ぎは中堅どころの職人さん(2人いて、共に元美容師さんだったとか)が担当。組み立ては何と驚くなかれ高橋伸一社長自らがご担当し、検品・ケース収納を女性スタッフ(職人さん?)の方が受け持っていたのでありました。

_DSC7467.jpg _DSC7460.jpg

 ちなみに、プロの理容師・美容師さんになると、好み研ぎ加減というのがあるそうで、単純に上手い下手で括れない、相性のいい職人さんというのがいて、お互いに切磋琢磨して、刃先数ミクロンのカーブ具合いで生じる理想の切れ味を追い求めるのだそうだ。

_DSC7423.jpg

 曰く、総じて理容師さんはとにかく切れる刃先を好むそうで、美容師さんは若干刃先に髪を逃しながら切るような甘めの切れ味を好むのだそう。

 ワタクシの好みは、若干刃先にスズランテープを逃しながら切る甘めの切れ味…って、お呼びでない、こりゃまた失礼しました!

SNS Share
       
MONTHRY ARCHIVE
  • 学校案内
  • アクセス
  • 募集要項
  • 総合型選抜(旧:AO入学)WEBエントリー
  • 在校生へのお知らせ
  • 国際文化教育総合研究所
  • 国際文化学園事業部
  • 国際文化学園 美容考古学研究所
  • THE BARBER
  • 教員募集
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • 東京の美容専門学校は国際文化理容美容専門学校。美容師・理容師の国家資格免許の取得に向けてヘアメイク・カット・ネイル・ブライダル・エステ・着付など、美容のすべてを学ぶ環境です。技術専門の教員が中心に授業や就職面をサポートします。また入学者を募集しています。総合型選抜(旧:AO入学)、学校推薦型選抜【指定校制】(旧:指定校推薦入学)、学校推薦型選抜【公募制】(旧:公募制推薦入学)、一般選抜(旧:一般入学)などのご相談は、オープンキャンパス・個別の見学会にてお待ちしております。