国際文化理容美容専門学校

渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定
MONTHRY ARCHIVE
  • 22.03.25
  • 今も昔も

_DSC3868.jpg

 本学国際文化理容美容専門学校 渋谷校/国分寺校)に本拠を置く『平安装束 東京道場』(荘司礼子 会長/本学校長)は、日々、日本の装束文化を研究する一方、特に平安装束文化ならびに着装技法伝承啓蒙活動に尽力しており、小・中・高の特別授業に招かれては『やさしい十二単講座』と題した十二単衣紋展示(着付展示)や装束解説を行っております。

_DSC3873.jpg _DSC3848.jpg

 この度、そんな啓蒙活動に理解を示し、国際人の輩出を掲げて自国文化の教育に力を入れている『東京都立小平高等学校』のお招きで、同校1年生に向けた『やさしい十二単講座』を開講しました。

 講座は、正味1時間程の内容で、きもの着用に関するTPOのレクチャーがあった後、十二単の衣紋展示束帯(そくたい=男性装束)の装束展示を披露しました。

_DSC3880.jpg _DSC3962.jpg

 時に、戦前(太平洋戦争前)までは、割と庶民の生活の中にきもの文化が生きていたようで、写真や映像にもきもの姿の人を頻繁に見かけますが、戦後、急速に市井(しせい=街中)からきもの姿が消えていったように見受けられます。

 なので、戦前はきもの一人で着られる人も多く、婚礼衣裳など特別な装束に限って、着用する場合は着付けなどを専門にする人、もしくは着付の上手い人手を借りるといったカタチが多かったのでありましょう。

_DSC4073.jpg

 ところが、十二単をはじめとする宮廷装束だけは、今も昔も着装を専門にする人(衣紋者)の手によってお仕度されてきたもので、この日披露された十二単衣紋展示をパチリするにつけ、「きっとこの風景は1000年変わることなく繰り返されてきたものなんだなぁ…」と、1000年という途方もない時間軸に、眩暈(めまい)を覚えるワタクシでありました。

_DSC4084.jpg

SNS Share
       
MONTHRY ARCHIVE
  • 学校案内
  • アクセス
  • 募集要項
  • 総合型選抜(旧:AO入学)WEBエントリー
  • 在校生へのお知らせ
  • 国際文化教育総合研究所
  • 国際文化学園事業部
  • 国際文化学園 美容考古学研究所
  • THE BARBER
  • 教員募集
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • 東京の美容専門学校は国際文化理容美容専門学校。美容師・理容師の国家資格免許の取得に向けてヘアメイク・カット・ネイル・ブライダル・エステ・着付など、美容のすべてを学ぶ環境です。技術専門の教員が中心に授業や就職面をサポートします。また入学者を募集しています。総合型選抜(旧:AO入学)、学校推薦型選抜【指定校制】(旧:指定校推薦入学)、学校推薦型選抜【公募制】(旧:公募制推薦入学)、一般選抜(旧:一般入学)などのご相談は、オープンキャンパス・個別の見学会にてお待ちしております。