国際文化理容美容専門学校

渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定

活躍する卒業生

SUCCEED GRADUATES

広い世界で自分を成長させたい

レーン 陽子さん #クリエイティブ スタイリスト

クリエイティブ スタイリスト レーン陽子さん
思えば遠くへ来たもんだ・・・。と詠ったのは中原中也だった。例えば、故郷というもの、それも国を離れ異国に生活の基盤を置く人々は、幾ばくなる望郷の念を抱くのだろうか。日本を離れ、香港に生活するレーン陽子さんは、TONI & GUY(トニー&ガイ)セントラル ホンコンのスタイリスト。香港に来て4年半が過ぎた。

もともと “海外で働く” ことに、あまり興味がなかったという彼女。美容に興味があったということと、高校時代、ハンドボールで鳴らしたということもあってか、規律に厳しいといわれた国際文化に入学する。体育大と天秤にかけての選択。就学中は平凡な学生生活を過ごした。唯一残せた結果は2年間の皆勤だった。

就職は中規模サロンを希望した。元来の体育会気質で一日の休日もとらずに練習を重ね、2年10ヶ月後に スタイリストデビューを飾っている。そして。彼女は自分へ イタリア旅行をプレゼントする。海外に興味があったわけでも、まして行きたかったわけでもなかった。でも何故か “海外へ行く” ことが重要だと思った。天命。天は欲するものより、必要なものを与える。開眼だった。

民族・宗教・文化、想像を超えた世界が広がっていた。自分は “井の中の蛙” だった。だから、広い世界で自分を成長させたいと思った。それから1年も経たずに彼女はサロンを退職し、機上の人となった。シドニーに3ヶ月 語学留学した。そのまま12ヶ月滞在を延ばし、現地のサロンでアルバイトをした。

その間、現在の ご主人とも出会った。二人は一緒に生活を始め、彼の海外勤務への願望から、海外へ移転することに決めた。移転先は最終的に香港になった。彼女には希望が 二つあった。一つはTONI & GUYがあること。憧れだった。でも、本拠のあるイギリスで働くには、当時の英語力では無理だと思った。そしてもう一つの希望。できれば日本から あまり離れたくなかった。要件を満たしていたのが香港だった。彼女には日本との距離が重要だった。「安心感がまるで違う」、と彼女は云った。そして今、震災を経た日本を思う。

「日本は、本当に素晴らしい国。私の誇りです。その良さを伝えるためにも、もっともっと日本人は外へ出ていくべき。私は ここ香港で、日本の未来のため美容を通じ何ができるのか、今も考え続ける日々を送っています」

100万ドルといわれる香港の夜景。この街に700万人を超える多種多様な人々が暮らす。人種の坩堝(るつぼ)。ここで生きていくには、自身の属する民族や文化の誇りといったアイデンティティが必要不可欠なのかもしれない。

香港の美容室は、完全歩合制。お客様への ありがたみが、日本にいた頃と比較にならないほど違うという。

身体を動かすことが大好き、というレーンさん。時間を やり繰りしてジム通いするのが、楽しいという。ちなみにドッチボールに はまっていて、なんと “香港代表” という腕前なのだそう。

レーン陽子さん

レーン 陽子(旧姓/久冨 陽子)

TONI & GUY Central Salon,Hong Kong クリエイティブ クリエイティブ スタイリスト。東京都出身。2003年3月、国分寺校卒業後、ヘアサロンに就職し、一店舗を経て オーストラリア/シドニーに語学留学する。習得した英会話を生かして海外での生活を決意。2007年より香港のトニー&ガイに勤務し、サロンワークを中心に、ヘアショーや香港のファッションウィークのヘアを手掛ける。留学時に知り合った オーストラリア人の ご主人と2011年に結婚。香港で充実の生活を送る。

  • お問い合わせ
  • 募集要項
  • AO入学WEBエントリー
  • 在校生へのお知らせ
  • 国際文化教育総合研究所
  • 国際文化学園事業部
  • 国際文化学園 美容考古学研究所
  • THE BARBER
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • 東京の美容専門学校は国際文化理容美容専門学校。美容師・理容師の国家資格免許の取得に向けてヘアメイク・カット・ネイル・ブライダル・エステ・着付など、美容のすべてを学ぶ環境です。技術専門の教員が中心に授業や就職面をサポートします。また入学者を募集しています。AO入試、指定校推薦、公募制推薦入試、一般入試などのご相談は、オープンキャンパス・個別の見学会にてお待ちしております。