国際文化理容美容専門学校

渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定

活躍する卒業生

SUCCEED GRADUATES

活躍する卒業生:篠田 佳奈さん、冨樫 美沙さん

ヘアカラーリングは職人の手仕事。特化した技術は自分の武器になる

篠田 佳奈さん #カラーリスト

カラーリスト篠田 佳奈さん
元々はメイクに興味があって国際文化に入学しました。授業でのメイクやヘアカラーは好きでしたが、「カラーリストになりたい!」という強い気持ちがあったわけではないんです。当時の担任の先生からkakimoto armsを教えていただいて、「カラーリストならいいかも…」と、どちらかというと受け身の就職活動でした。ただ、入社してみるとカリキュラムがしっかりしている、撮影の仕事や技術セミナー(指導者、受講者どちらも)に参加するチャンスが多いなど、大規模店のメリットがたくさんあったんです。中でも、ヘアカットとヘアカラーの技術担当がスペシャリスト制で、それぞれ特化した技術を極められることが、私に合っていました。

入社して「何を頑張ってきたか」と聞かれると具体的にパッと思い浮かばないのですが…。目の前の目標に向かって積極的に、ひたすら真面目に取り組んできた、それは自信を持って言える唯一のことかもしれません。その目標は「売り上げ」ではなかったです。お客様一人ひとり違うその魅力をヘアカラーで引き出して、喜んで欲しい!ということしか、考えていなかったかも。私たちの仕事は、ヘアカラーに特化したスペシャリストであり、職人です。テクニックそのものは皆が同じようにできても、カラーリストによって提案の仕方と感覚が違うので、その技術者とお客様だけのデザインができる。その技術が、自分の強み、武器です。「篠田さんにお願いしたい」と言って来てくださるお客様がいることがすごく嬉しいんです。

お客様と技術者の信頼関係で成り立つ美容の仕事は、AIに替えることができない温もりある手仕事。誇りを持って、一生続けられる職業です。

お客様の喜びが自分の喜びこのシンプルさが好き

冨樫 美沙さん #ヘアスタイリスト

ヘアスタイリスト冨樫 美沙さん
おばが美容師だったこともあり、自然と美容の道に進んでいました。自分の技術で目の前のお客様に喜んで頂けるのが何よりも嬉しいし、「この瞬間のためにやっているんだ」と強く感じます。アシスタント時代は、休日も勉強会やセミナーなどで実際にはほとんど休めない毎日でした。寝ることが好きなので、睡眠時間が削られるのがつらかった…。でも、辞めたいと思ったことは今まで一度もありません。美容師じゃなければなにをやっていたかと聞かれても他には何も思いつかない。そのくらいこの仕事が好きです。

入社時から大切にしているのはお客様とのコミュニケーション。お客様とお話するのは楽しいし、会話の中から生活の変化や今の気分などを汲み取ってヘアスタイルやおすすめ商品の提案に活かすようにしています。そのぶん、お客様のオーダーがその方には合わないと思った時は、正直にお伝えします。例えば、ダメージが激しい髪へのパーマや、ライフスタイルにあまりにも合わない髪型などは、無理にご希望通りにしても最終的にお客様を悲しませる結果になるので。任されたからには、次回来店まで気分良く過ごしていただけるように最善の努力をしています。

メイクやヘアアレンジも好きですが、私にとってカットはやはり特別なもの。一度切ってしまった髪は元に戻せないのでやり直しがききません。自分がハサミを入れたらそれで終わり、そんなシンプルさが心地良いです。いまは、世界中の人と壁なくコミュニケーションをとれるように、語学を勉強中。いずれは日本と海外両方で仕事ができるようになりたい。広い世界で、もっともっと大きく成長していきたいです。

篠田さんに聞きました!!

Q.どんな人がカラーリストに向いている?

忍耐強く、近道せずにコツコツ頑張れる人でしょうか。同じ練習をひたすら繰り返すので。あとはやっぱり、色が好き、ということも大切ですね。カラーリストを目指すきっかけは何でも良いと思います。やってみないと何が向いているか分からないですし、数年経って初めて楽しいと思えるかもしれません。(ちなみにアシスタントの渡辺さん〈2019年3月渋谷校卒業〉がカラーリストを希望した理由は、『国際文化の特別授業でモデルとしてカキモトアームズのカラーリストにヘアカラーをしてもらい、ハッピーになったから』だそうです)

Q.今っぽいヘアカラーの傾向は?

今は、「何色が流行っています」というよりも、質感に注目しています。「透け感」「なめらかな」という表現をしますが、ぱっきりと色のコントラストをつけるのではなく、明るめベース×明るめハイライトというように、異なる色同士の境界がなめらかでミルキーな色合いです(※2019年12月現在)。ただあくまで「パーソナル」に合わせることが大前提。お客様に合わせることを一番大切にしています。あとはヘアカラーの流行だけでなく、ファッション、自然、アートなどから色の着想を得たりします(先日は『生け花展』に行ってきました!)。

冨樫さんに聞きました!!

Q.SNSのつかいかた

ご新規は、インスタを見て来てくださる方が一番多いです。以前たまたまボブヘアの画像を載せたらものすごく反響があって。そこから積極的にボブの施術例を載せるようにしたら、「インスタで見た髪型にしたい」というお客様が沢山ご来店くださるようになりました。今ではすっかりボブアカウントです(笑)

Q.いつ頃から海外に興味を持ちましたか?

父が転勤族だったので小学校だけで5回転校、たくさん引っ越しもしました。そんな経験からか、初対面の方にも人見知りはしないし、人の目もあまり気にしない性格。小さい頃にアメリカに住んでいたこともあるので、高校生の時には色んな国に行って仕事をしてみたいと考えていました。語学の勉強は、大好きな海外ドラマの『F・R・I・E・N・D・S』を字幕無しで観たりしています。昔から何回も繰り返し見てセリフはだいたい覚えているので、聞き取りに集中できます。

篠田 佳奈さん、冨樫 美沙さん

篠田 佳奈(しのだ かな)

青山店カラーリストチーフ。神奈川県出身。2007年3月渋谷校卒業。卒業後kakimoto arms入社。青山店に配属、2009年カラーリストデビュー。その後銀座店で半年勤務、青山店に戻る。ヘアカタログや専門誌などに掲載多数。業界でも注目されるヘアカラーリスト。猫が好き。
インスタ→@kanashinoda

冨樫 美沙(とがし みさ)

kakimoto arms 青山店スタイリスト。2014年3月、渋谷校卒業。同年4月kakimoto arms入社、青山店に配属。山形県出身。在校時は多くのコンテストにモデルとして出場。アシスタント時代、全店舗のアシスタント内で店販品売上NO.1になる。
インスタ→@misa_togashi

kakimoto arms 青山店

kakimoto armsホームページ
東京都港区南青山5-6-12
TEL:03-5464-0011
東京と神奈川に10店舗。カットとカラーそれぞれの技術者を分業制にした先駆けサロンのひとつ。青山店は海辺のリゾートのような雰囲気で、カットとカラーで3時間ほどの滞在時間もリラックスできる。1Fエントランス付近では、グリーンスムージーも販売。

  • お問い合わせ
  • 募集要項
  • AO入学WEBエントリー
  • 在校生へのお知らせ
  • 国際文化教育総合研究所
  • 国際文化学園事業部
  • 国際文化学園 美容考古学研究所
  • THE BARBER
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • 東京の美容専門学校は国際文化理容美容専門学校。美容師・理容師の国家資格免許の取得に向けてヘアメイク・カット・ネイル・ブライダル・エステ・着付など、美容のすべてを学ぶ環境です。技術専門の教員が中心に授業や就職面をサポートします。また入学者を募集しています。AO入試、指定校推薦、公募制推薦入試、一般入試などのご相談は、オープンキャンパス・個別の見学会にてお待ちしております。