国際文化理容美容専門学校

渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定

活躍する卒業生

SUCCEED GRADUATES

活躍する卒業生:浜川 頌真さん、中村 沙耶さん

お客さまを心から思う気持ちそれは「つくす心」

浜川 頌真さん #ヘアスタイリスト

ヘアスタイリスト浜川 頌真さん
美容科の学生時代、THE BARBERにカットモデルとして初めて行った時、一瞬で魅了され、ここで働きたいと思いました。サロンの雰囲気、インテリア、スタッフの接客、技術、何もかもが素晴らしく、強く感動したのを覚えています。

念願のTHE BARBERのスタイリストになって3年。日々接するお客さまの、年齢、職業、社会的立場、趣味趣向、ライフスタイルはさまざまです。それぞれのお客さまに合ったヘアスタイルやお洒落を提案したい、心身ともにリラックスできる癒やしの時間を提供したい。そのために、お客さまのことをもっと知りたい。

しかし、お客さまとの時間は限られています。ですから私は、いわゆる世間話のたぐいはあまりしません。それよりもお客さまの持ち物やファッションを観察して、会話の糸口を見つけ、お客さまの好みや趣味、ライフスタイルについてもっと話をして、お客さまの求めるものを最大限引き出したいのです。私を含めスタッフのヘアやファッション、アクセサリーが、店のインテリアや装飾品が、そのきっかけになることも。セルフプロデュースも大切。髪やスーツはもちろん、合わせる靴やメガネにも気をつかいます。お客さまにとっては、どういう空間でどういう人に切ってもらうかも大事だと思うからです。

良いカットをしてお客さまをカッコよくしたい、楽しませたい、リラックスしていただきたい、喜んでいただきたい…こういう思いの根底にあるのは、お客さまを心から思う気持ち。それはまさに、国際文化で学んだ「つくす心」。私が国際文化で学んだたくさんのことの中で、一番大事にしていることです。

男性の“こだわり”を丁寧に表現したい

中村 沙耶さん #ヘアスタイリスト

ヘアスタイリスト中村 沙耶さん
もともとエステやブライダルを志望していたので、就職活動を始めるまで“床屋さん”には行ったことすらありませんでした。カットの魅力に目覚めてTHE BARBERに就職したときも、最初は「男の世界だな〜!」と戸惑うことが多かったですが、それ以上に面白みを感じました。

メンズヘアの魅力は僅かなカットの違いで印象が全く変わること。もみあげをどのくらい残すか、刈り上げの境目はハッキリ見えたほうが良いかグラデーションで馴染ませたほうがお好みか…。皆さま必ずひとつは“こだわり”をお持ちなので、丁寧にカウンセリングをすることによってその方の“押さえたいポイント”を探るようにしています。私自身は女性でロングヘアにしていることもあって、男性目線ではどういう事が気になるのか気付けない部分もあります。その点は男性スタッフに積極的に質問して、なるべく男性の気持ちに寄り添えるように気を配っています。技術で言うと、シェービングも好きなメニュー。肌艶が良くなってお顔が明るくなるし、それがきっかけでスキンケアに興味を持ってくださるお客様もいて、そんな時はエステティシャン志望だったこともありちょっと張り切ってしまいます。また、ヒゲは男性ならではのもの。特に海外のお客様はヒゲを“剃る(整える)”だけではなく“作る(デザインする)”かたが多いので、とてもクリエイティブで興味深いです。

スタイリストデビューしたばかりなので、毎日が勉強。先輩の施術を横目で見て学ぶことも多いです。ちょっと大きいことを言ってしまうと、あと1年半くらいで指名の数を今の倍にしたい。たくさんのお客様に支持されるスタイリストになれるよう頑張ります。

浜川さんに聞きました!!

Q.国際文化ってどんな学校?

国際文化に入学して、課外授業やデモンストレーション(特別授業)の多さに驚きました。数多くのサロンから学べる機会が多く、自分に合った職場を探すきっかけにもなりました。今、働いているTHE BARBERに入社を決めたのは、課外授業がきっかけでした。

Q.理美容の世界を目指す後輩たちへのメッセージ

今、学んでいることは、長い理美容人生の土台です。苦手な技術や勉強もあるかもしれませんが、それを乗り越えることができれば、将来必ず、自分にもお客さまにも還元されると思います。私はこの職業に就いて、心から良かったと思っています。応援しています。

中村さんに聞きました!!

Q.先輩からの学び

お客様の中にはスタイリストを固定せずにその時々で違うスタッフを希望する方もいらっしゃいます。そういう方に入ると、前回担当した先輩スタイリストのカットを見て「ここを少し多めにカットしていたから、伸びてもキレイに収まっているんだな」など勉強になることがとても多いです。

Q.理容の仕事の面白さ、印象的なお客様

接客業は色々なお客様との出会いがあって面白いです。中には『シザーズの開閉音が好き』というお客様がいて、私のシザーズの音が気に入ったからと指名してくださるようになったりして。その方はいつも個室を予約されて、BGMもなるべく音量を下げてカットしている間は静かにシザーズの音に聞き入ってくださります。『前の音のほうが良かった』なんてガッカリされてしまわないように気をつけています(笑)。

浜川 頌真(はまかわ しょうま)

THE BARBER 代官山アドレス店 スタイリスト。2015年3月国分寺校美容科卒業、在学中に美容から理容への転向を決意し、同年4月THE BARBER入社。2018年9月渋谷校通信課程理容科卒業。美容と理容のダブルライセンスを持つ。東京都出身。趣味はフットサル、カフェ巡り。座右の銘は「無言実行」。

中村 沙耶(なかむら さや)

THE BARBER 青山 スタイリスト。2017年3月、国分寺校理容科卒業。同年4月THE BARBER入社、東京店に1年勤務後、青山店へ移動。2019年、入社3年目でスタイリストデビュー。新潟出身。趣味は旅行。座右の銘はSimple is best。

THE BARBER

THE BARBERホームページ
代官山アドレス店
東京都渋谷区代官山町17-4
TEL:03-5428-5571
青山店
東京都港区南青山2-27-20-101
TEL:03-6459-2300
ジャパニーズバーバーブームの魁(さきがけ)的存在「THE BARBER」。コンセプトは「お洒落の提案、癒やしの提供」。
渋谷、青山、代官山、広尾、銀座、東京(丸の内)、日本橋、NYに8店舗を展開している。

  • お問い合わせ
  • 募集要項
  • AO入学WEBエントリー
  • 在校生へのお知らせ
  • 国際文化教育総合研究所
  • 国際文化学園事業部
  • 国際文化学園 美容考古学研究所
  • THE BARBER
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • 東京の美容専門学校は国際文化理容美容専門学校。美容師・理容師の国家資格免許の取得に向けてヘアメイク・カット・ネイル・ブライダル・エステ・着付など、美容のすべてを学ぶ環境です。技術専門の教員が中心に授業や就職面をサポートします。また入学者を募集しています。AO入試、指定校推薦、公募制推薦入試、一般入試などのご相談は、オープンキャンパス・個別の見学会にてお待ちしております。