国際文化理容美容専門学校

渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定

活躍する卒業生

SUCCEED GRADUATES

活躍する卒業生:髙野 海夕さん

入社のきっかけは髙野さんでした♡(田中さん)
田中さんは起き上がりこぼしのように頼もしいです☆(髙野さん)

髙野 海夕さん #ヘアスタイリスト
田中 真里菜さん #ヘアアシスタント

ヘアスタイリスト 髙野 海夕さんヘアアシスタント 田中 真里菜さん
田中 国際文化は校則がきちんとしていたので、時間とか掃除とか。練習も毎日していたし、入社して、学生の時がんばっておいて良かったなって思うことは多いです。社会人になると、学生の時とは違った大変さがあります!!お客さまの時間をいただいて、お金をいただいて。〝社会〟という感じです(笑)。でもお客さまも先輩方も、みんなやさしい。
髙野 たまに叱りますよ。お客さまに、とんでもない言葉づかいをした時とか。
田中 ウカでは研修で社会人としてのマナーや言葉づかいも教えていただくんですが、言葉づかいがホントに大変です!!
髙野 言葉づかいは気がついたら注意していますが、サロンワークも練習も本当にすごく頑張っていると思います。叱られても落ち込むことなく。起き上がりこぼしのように頼もしいです。
田中 え〜落ち込みますよ〜(笑)。私、ウカに入ったきっかけが髙野さんなんです。
髙野 サロン見学でいきなり相談されました。「私、なんも決まってないんです〜」って(笑)。
田中 悩んでいることが多すぎて…。やりたいことが全部できるサロンに入りたいって思っていて、先生にも全部は無理って言われて、当時は美容の資格もとりたいと思っていて、学校にも通いたいしとか。
髙野 サロンの説明の枠ではおさまりきらないくらい悩んでたね。
田中 髙野さんとは、サスーンとか着付とか、学生時代に頑張ってきたことの共通点も多くて、親身になって相談にのって下さいました!!サロンを案内されて、スタッフの皆さんの雰囲気もすごく良くて、ここで働いている自分が想像できて、即決。結局、ウカしかサロン見学に来ていないし、受けてない。振り返ると、何であんなに悩んでたんだろう?って。

田中さんがかなり頼りにしている髙野さんは同期の中でもデビューが一番早かったそうだ。
「髙野はセルフプロデュースができているんです」と、人事の増井こころさん。

髙野 (少し照れながら)デビュー時期が少しだけ早かっただけです。なりたての頃は、デジパーがかからなかったりなど失敗もありました。お客さまの大切なお時間とお金をいただいているのに申し訳なくて。施術にあたっては、お客さまの認識とのギャップがないように、できるだけ丁寧に説明するよう心がけています。
田中 髙野さんのお客さま、髙野さんのインスタ見て来ている方も多いです。
髙野 ほそぼそと…インスタやってます。あと地元から上京してきている友だちとか、先輩も後輩もサロンに来てくれて、本当にありがたい。嬉しいです。
田中 私はまだ1年目で、できなくて落ち込むことも多いけれど、お客さまにほめていただけて元気になったり。同期も仲がいいし、今、本当に楽しいです。先輩方もやさしい!!同じ学校出身の先輩がいるのも心強い。
髙野 私も学生時代に着付をがんばっていたし、田中さんと共通の経験や話題も多いよね。
田中 だから相談した時に分かってくれるんです。理解してくれる!!

髙野さん、田中さん、学生時代のことを教えて!!

ヘアスタイリスト 髙野 海夕さん・ヘアアシスタント 田中 真里菜さん

Q.どんな学生だった?

髙野 サスーン、着付などのコンテストに参加したり、卒業記念発表会では国分寺校のヘアショーの実行委員長をしていました。他のクラスの人たちともたくさんのつながりができました。入学式では誓いの言葉を読んだのですが、上京したばかりであまりになまりすぎていて…先生がつきっきりで、すご〜く練習しました。
田中 理容と美容どっちの技術も学びたくて理容科に入学。着付、アップ、ネイルが好きで、毎日、朝も放課後も休みも、大好きだった着付を夢中になって練習し、コンテストにもたくさん出場していました。

Q.どんな学生だった?

髙野 〝最後まであきらめないこと〟。
田中 着付の練習で、たくさんのモデルさんとの練習スケジュールを組んだ経験が、サロンのカリキュラムを効率よく進行するためのスケジュール管理に生かされていると思います。

Q.後輩たちへメッセージ

髙野 お客さまの「ありがとう」や喜ぶ姿を見ることは、何よりも自分を高めてくれるパワーの源です。
田中 学生時代に一生懸命がんばったことは、社会人になった時に必ず自分の武器になると思います。

  • ヘアスタイリスト 髙野 海夕さん、卒業記念発表会
  • ヘアアシスタント 田中 真里菜さん、卒業記念撮影会

髙野 海夕(たかの みゆう)

uka 東京ミッドタウン六本木スタイリスト、ヘッドセラピスト。鹿児島県喜界島出身。2016年3月、国分寺校美容科卒業。座右の銘「やればできる、必ずできる、絶対できる」。
インスタ→@uka_mew

田中 真里菜(たなか まりな)

uka 東京ミッドタウン六本木アシスタント。東京都出身。2020年3月、渋谷校理容科卒業。休日に買い物やおいしいものを食べに行くのが好き。座右の銘「時間は平等」。
インスタ→@mrntana_uka

uka(ウカ)

ukaホームページ
本社
東京都港区赤坂9-5-14 赤坂ヒルサイドハウスⅡ2階C
TEL:03-5843-0429
uka 東京ミッドタウン六本木
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウンガレリア2F
TEL:03-5413-7236
uka(ウカ)は都内を中心にサロン/ストアを展開するトータルビューティサロン。ukaとはさなぎが蝶になる「羽化」のこと。女性も男性も、ひとりの大人として美しく輝き、蝶たちが花から花へと受粉の手伝いをするように世の中に美を広める存在になっていけたら…そんな思いが込められている。

  • 学校案内
  • アクセス
  • 募集要項
  • 広報部職員募集
  • 在校生へのお知らせ
  • 国際文化教育総合研究所
  • 国際文化学園事業部
  • 国際文化学園 美容考古学研究所
  • THE BARBER
  • 教員募集
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • 東京の美容専門学校は国際文化理容美容専門学校。美容師・理容師の国家資格免許の取得に向けてヘアメイク・カット・ネイル・ブライダル・エステ・着付など、美容のすべてを学ぶ環境です。技術専門の教員が中心に授業や就職面をサポートします。また入学者を募集しています。総合型選抜(旧:AO入学)、学校推薦型選抜【指定校制】(旧:指定校推薦入学)、学校推薦型選抜【公募制】(旧:公募制推薦入学)、一般選抜(旧:一般入学)などのご相談は、オープンキャンパス・個別の見学会にてお待ちしております。