国際文化理容美容専門学校

渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定

活躍する卒業生

SUCCEED GRADUATES

活躍する卒業生:馬場 慎太郎さん

「活躍できる場」を見つけて

馬場 慎太郎さん #美容師 #マネージャー

美容師、マネージャー 馬場 慎太郎さん
今の職場は、新しいアイデアや提案を真正面から受け止めてくれる環境です。それが僕には合っていた。
中途で入社して4年目になります。お店のことが分かり始めてきた1年目のころ、経営陣レベルの会議に「僕も出たい」と申し出たことがありました。「生意気だな」とか「新人なのに」と言われることなく、「じゃあおいで」と。さらに企画を提案すると、「やってみてほしい」という返事をもらった。もちろん、予算や効果は考えた上で企画を提出します。そういう姿勢を会社が評価してくれた。気づいたら1年後に副店長、2年後にマネージャーになっていました。
インスタグラムにはカットのことを中心に載せていますが、サロンワークとしてお客様に接するのは月に15日です。残りはマネジメント業務をしています。マネジメントというのは、スタッフが働きやすい環境を作るために何ができるか考え、実行するための、まとめ役みたいな感じです。例えばスタッフ向けの技術教育とか、お店の良さを伝えるための広告に参画すること、サロンのイメージヴィジュアルを作ることなどもその一部です。
サロンワークとまとめ役、両方やろうとするとどちらかを犠牲にしなくてはいけない、という話も聞きますが、僕ははっきり分けているし、両方に関われることがやりがいにもなっています。
hair make ONEの幹部(経営者たち)はとてもシンプルな判断基準を持っています。それは、「正しいか、正しくないか」です。
例えば「技術をゼロから丁寧に教える」という指導方法。一見当たり前に感じられるかもしれませんが、ゼロからではなく、先に結果から伝えて相手に理解させた上で技術を教えた方が、時間短縮にもなり、お互いにとってプラスになるかもしれない。「厳しくても正しいことを教える」というフレーズも良く聞きますが、厳しいことは正しいのでしょうか?優しく教えてその子が伸びるなら、厳しくよりも優しく教える方が正しい、という考えです。
ただ、どんなお店であっても、働く上でとても大切なことが2つあります。1つは練習して技術を伸ばす努力をすること、もう1つは目の前のお客様に真摯に対応すること。
美容師が本気で向き合っているかどうかは、そのお客様に伝わっています。そして、どんなに思いやりを持って接していても、技術力がなければ相手を心から喜ばせ、笑顔にすることができません。
「技術」と「思いやり」。就職したお店で精一杯、この2つを磨いてください。
それでも自分が輝けないと思うなら、「活躍できる場」を探しに、飛び出す時期なのかもしれません。
(2022年6月20日取材/文・清水理子/写真・山口貴弘)

馬場さんに質問です!!

Q.サロン訪問について

就職活動の際、気になるお店に事前見学する「サロン訪問」はした方が良いです。しっかり確認すべきこととして、給料、休日、練習時間、デビューまでの年数、やりたいスタイルや方向性がお店と同じか?などがあります。 具体的な例を挙げると、事前にHPなどで確認できる「給料」と、社会保険料などを引いた「手取り額」。練習時間は営業時間外に自分で作るのか、お店が教育する場を提供しているのか、など。
僕はなるべくわかりやすくお話ししていますが、質問しないと答えてくれなかったり、はっきりと掲載していないお店もあります。

Q.美容師の働き方

(1)レギュラーサロン(2)業務委託(3)フリーランス、美容師の働き方は主にこの3つだと考えています。それぞれ良さがあって、hair make ONEではレギュラーサロンと業務委託の良いところを組み合わせたような考え方をしています。最初からそれを基準にサロンを選択するということは幅を狭めることになるのでオススメしませんが、こういう働き方があると言うことは知っておくと良いと思います。

Q.自分に合ったサロンを選ぶには?

見学に来てくれた学生さんが好きなスタイルが、僕たちのお店が作るものとかけ離れている場合もあります。そういうときは「他の会社も見てみるといいよ」とアドバイスをすることも。
その学生さんに当サロンが合っているかを見極める一つの方法としては、インスタグラムから「好きなスタイル」を9つスクリーンショットしてもらう。当サロンは、多くの人に支持される髪型が多いし、お客様の年齢層も幅広い(あまり尖った感じではない)。それが流行最先端の尖った作品ばかりを挙げる学生さんであれば、うちのお店は向かないと思うのです。
どんなに我々がこのお店を100点だと思っていても、50点ほどに感じる人もいるはず。働くお店とのマッチングはとても大切です。

Q.国際文化ってどんな学校?

国際文化は他校と比較しても、マナーや生活態度、言葉遣いの指導が徹底していると思います。礼儀は、社会に出た際に人との関わり方においてとても大切だったと実感しました。

Q.国際文化で得たものは?

美容業界で活躍している仲間の存在です。国際文化で一緒に勉強した同期だから、お互いの成功を心から喜べる。仲間は財産です。誰かが良い結果が出た時、羨ましいとか悔しい、という気持ちがなく、心から喜べるんですよね。そういえば、2年の時に同じクラスだったふたりが夫婦になりまして、新しいお店をオープンさせたんです。この取材の後、当時同じクラスだったメンバーとそのお祝いに行くんですよ。

同級生コジマダイスケさん&Chisatoさんご夫婦のお店「yote(ヨーテ)」
同級生のコジマダイスケさん&Chisatoさんご夫婦のお店「yote(ヨーテ)」は、神奈川県茅ヶ崎市に2022年6月オープン。お祝いのために集合した仲間たちと一緒に(コジマさんは写真中央/馬場さん撮影)。
インスタ→@yote_hair

Q.美容師を目指す皆さんへ

ウェブ広告、SNSなど、情報技術はこれからもどんどん進化します。若い世代の皆様は新しい情報ツールを見つけてチャレンジしてほしいです。技術とセンスを磨くこと、新しいことやITにも目を向けることを意識していれば良い美容師になれると思います。

馬場 慎太郎(ばば しんたろう)

hair make ONE Yokohamaマネージャー。熊本県出身、家族の転勤により全国を転々とする。2010年3月、渋谷校美容科卒業。全国展開する有名美容室に8年勤務ののち、フリーランスを経てhair make ONE入社。サロンワークの他に、SEO/MEO対策、ウェブ媒体広告、教育、人事、ヴィジュアル制作、店舗企画など多岐にわたるマネジメント業務を担当。得意な技術はカット。カウンセリングや説明が丁寧だと口コミでも高評価。趣味:サーフィン。座右の銘:「『自分にとって悪いことはお互い様(許せる気持ち)、いいことはおかげ様(感謝の気持ち)』」と思って人と接しています。
インスタ→@babashintaroh

hair make ONE Yokohama(ヘアメイクワン横浜)

hair make ONE店内
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町1-1-2 犬山ビルヂング6F
TEL:045-620-8681
インスタ→@hairmake.one
戸塚、大船、湘南エリアと横浜に7店舗を展開。性別年齢問わず地元の方に愛される美容室。スタッフの働きやすさも重視。休日や給与体制、教育、情報共有のあり方等、新しい美容室運営に挑戦し成功しているサロンとしても注目される。

  • 学校案内
  • アクセス
  • 募集要項
  • 総合型選抜(旧:AO入学)WEBエントリー
  • 在校生へのお知らせ
  • 国際文化教育総合研究所
  • 国際文化学園事業部
  • 国際文化学園 美容考古学研究所
  • THE BARBER
  • 教員募集
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • 東京の美容専門学校は国際文化理容美容専門学校。美容師・理容師の国家資格免許の取得に向けてヘアメイク・カット・ネイル・ブライダル・エステ・着付など、美容のすべてを学ぶ環境です。技術専門の教員が中心に授業や就職面をサポートします。また入学者を募集しています。総合型選抜(旧:AO入学)、学校推薦型選抜【指定校制】(旧:指定校推薦入学)、学校推薦型選抜【公募制】(旧:公募制推薦入学)、一般選抜(旧:一般入学)などのご相談は、オープンキャンパス・個別の見学会にてお待ちしております。