国際文化理容美容専門学校

渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定

NEWS

MONTHRY ARCHIVE
  • 17.11.30
  • 第14回 武市昌子杯 振袖・留袖・花嫁着付技術選手権

平成29年11月28日(火)、東京都渋谷区のセルリアンタワー東急ホテルB2Fボールルームにおいて、第14回武市昌子杯 振袖・留袖・花嫁 着付技術選手権(主催=武市昌子杯実行委員会/荘司礼子実行委員長、後援=学校法人国際文化学園/平野徹理事長)が開催されました。競技種目は、振袖着付、留袖着付、打掛花嫁の3部門で、振袖着付部門に60名、留袖着付部門に66名、打掛花嫁部門に6名の選手が挑戦してくださいました。

takeichi2017 (8).JPG takeichi2017 (9).JPG

今回も例年通り、可能な限り等しい条件下で日頃の仕事の実力を発揮していただくというコンセプトのもと、「モデル・衣裳は主催者が用意し、当日の抽選で決定する」という競技形式で行われました。抽選後の、モデルとの顔合わせから、控室競技、ステージ競技と、実際の現場の仕事さながらの緊張感が続くコンテストとなりました。今回は、競技スペースを広く取るなど、選手が実力、練習の成果を思う存分発揮でき、観客の皆様にも、じっくり御覧いただけるような構成を心がけました。

takeichi2017 (10).JPG takeichi2017 (2).JPG

エキシビションでは、本大会実行委員長である荘司礼子 国際文化理容美容専門学校校長ら、総勢32名による「十二単 式正のお服上げ」をご覧いただきました。式正とは本式の儀式と言う意味で、介添え役をつけた、平安以来の由緒正しいスタイルです。8体の十二単の華麗な姿が披露されました。

takeichi2017 (4).JPG takeichi2017 (6).JPG

表彰式では、各部門、ジャーナル賞、奨励賞、審査員賞、3位、2位、優勝の順に表彰が行われました。また、第1回から連続出場されている神奈川県の山宮博子さんには特別賞が渡され、感涙を浮かべる山宮さんには、大きな拍手が送られました。

masako2018.JPG takeichi2017 (7).JPG 

 

 

SNS Share
       
MONTHRY ARCHIVE
  • お問い合わせ
  • 募集要項
  • 学園ブログ
  • 在校生へのお知らせ
  • 国際文化教育総合研究所
  • 国際文化学園事業部
  • 活躍する卒業生
  • THE BARBER
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • 東京の美容専門学校は国際文化理容美容専門学校。美容師・理容師の国家資格免許の取得に向けてヘアメイク・カット・ネイル・ブライダル・エステ・着付など、美容のすべてを学ぶ環境です。技術専門の教員が中心に授業や就職面をサポートします。