国際文化理容美容専門学校

渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定

NEWS

MONTHRY ARCHIVE
  • 18.01.16
  • どんど焼き(三毬杖=さぎちょう)

1月15日前後に行われる「どんど焼き」という習俗をご存知でしょうか。かつては、正月の楽しい行事として、あちこちでよく行われていました。
松飾りや書き初めを、河原や広い空き地に持ち寄り、盛大に火を焚くというものです。書き初めの反古紙などに火がついて、空中に高く舞い上がると字が上手になるなどと教えられた記憶があります。竹の先に餅をつけて、火の中に突っ込んで焼いて食べた楽しい思い出をお持ちの方もいらっしゃると思います。
この「どんど焼き」、ルーツは古く、平安時代の宮中行事・「さぎちょう」にまでさかのぼります。「三毬杖」とか「左義長」と書きます。...
元々は、木の杖で毬(まり)を打つ、今でいうホッケーのような遊びだったそうです。それがなぜかどんどん変化して、室町時代以降には、松飾りや、天皇陛下がお書きになった書、あるいは扇を焼いて供養する行事に変わって行ったといわれます。

国際文化学園では、衣紋道高倉流・仙石宗久先生のご指導のもと、このいにしえの行事を再現いたしました。国際文化理容美容専門学校 渋谷校の、1号館、2号館、8号館の玄関前に飾っています(国分寺校では2月上旬に行います)。
青竹に、色鮮やかな短冊や扇が吊るされ、さわさわと風に踊る景色はさながら「冬の七夕」です。なかなか見る機会のない「しつらえ」ですので、ぜひご覧いただきたいと思います。

 

donto.png

 

SNS Share
       
MONTHRY ARCHIVE
  • お問い合わせ
  • 募集要項
  • 学園ブログ
  • 在校生へのお知らせ
  • 国際文化教育総合研究所
  • 国際文化学園事業部
  • 活躍する卒業生
  • THE BARBER
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • 東京の美容専門学校は国際文化理容美容専門学校。美容師・理容師の国家資格免許の取得に向けてヘアメイク・カット・ネイル・ブライダル・エステ・着付など、美容のすべてを学ぶ環境です。技術専門の教員が中心に授業や就職面をサポートします。