国際文化理容美容専門学校
渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定

BLOG

MONTHRY ARCHIVE
  • 14.07.26
  • そういえば・・・

_MG_2265.JPG

 “梅雨”が明け、以来連日の猛暑に茹だっている東京。たぶんワタクシの感覚だけなのかもしれませんが、気温が同じでも、一昨年より昨年、昨年より今年と、年々暑く感じられる、つまり“体感温度”が上がっているように思える昨今。ワタクシめの個人基準“不快指数メーター”は既に“リミッター”を軽く超えてしまった感があり、本当に何らかの原因で、同じ温度であっても“不快指数”は上昇しているのではないかしらん、と疑念を抱くワタクシであります。

_MG_2398.JPG

 さて、国際文化ではこの週末に『終業式』を迎え、いよいよ学生は“夏休み”に突入いたしました。これから始まる長〜い休み、是非とも有意義な時間を過ごして欲しいものであります。

_MG_2417.JPG

 ところで、この“夏休み”に入る一週間ほど前、前回ブログにも触れましたとおり、学生は1学期の“期末試験”を迎えておりました。試験は3日間に亘って行われ、初日が“実技”、2日目・3日目が“学科”という日程でありました。

_MG_2364.JPG

 その中の“実技試験”、内容は1年生美容科が“ワインディング”に理容科が“ヘアカット”、2年生美容科が“オールウェーブセッティング”に理容科が“ワインディング”だったのでありますが、ワタクシ、試験の様子をパチリしていて、「そういえば・・・」と、ある思いに駆られたのでありました。

_MG_2373.JPG

 “ワインディング”という技術、要するに“パーマ”を掛ける際の“ロット巻き”の練習なのでありまして、ウィッグ(人頭人形)の髪全体に“ロット”を巻き付けたところで“完成”と相成るワケであります。ワタクシたちは、その“完成形”を見て「すごいキレイに巻けてる〜」とか「うぇー、ひ、ひどい〜」とか、いろいろ好き勝手な感想を持つワケでありますが、そういえば“完成形”の次の状態、“パーマ液”が施され“パーマネントウェーブ”が仕上がった“形”を見たことがないなぁ・・・と思った次第。

_MG_2356.JPG

 いったいどんな“ヘアスタイル”になるものか、妙に気になるワタクシであります。

SNS Share
       
MONTHRY ARCHIVE
  • お問い合わせ
  • 募集要項
  • ブログ
  • 教員募集
  • 国際文化教育総合研究所
  • 国際文化学園事業部
  • 活躍する卒業生
  • THE BARBER
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • 東京の美容専門学校は国際文化理容美容専門学校。美容師・理容師の国家資格免許の取得に向けてヘアメイク・カット・ネイル・ブライダル・エステ・着付など、美容のすべてを学ぶ環境です。技術専門の教員が中心に授業や就職面をサポートします。
    最新のファッション・アート・カルチャーを日々体感できる「渋谷校」、広いスペースと充実した設備が特徴で、新しい商業施設と昔ながらの住環境が共存する「国分寺校」がございます。
    2つの校舎で「つくす心」を教育理念として美容理容の技術者の育成に力を注いでおります。