国際文化理容美容専門学校

渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定
MONTHRY ARCHIVE
  • 18.08.09
  • 学生、撮る!

E94ADF3B-F93E-4FFE-BDFA-6C17B8957FBD-34227-000023BC1B5EBCC5.JPG

 “インスタ映え”という価値規準が“ふつう”になって久しい。普段、学校行事などをパチリしていても、必ず“スマホでパチリ”に遭遇する。スマホが普及以来、みんながみんな、ある意味カメラマン化していて、“撮影する”という行為が老若男女問わず、これほど一般化した時代というのも初めてなのでありましょう。技術革新というものが僕らの生活の細部のみならず、習慣にまで大きな変化をもたらしたという典型例といえるのかもしれません。

 そんな“日本国民全カメラマン時代”にあっても“一眼レフ”カメラで撮影する、という行為は、やはり“スマホでパチリ”とは一線を画した行為に思えるのであります。どう一線を画しているのかというと、そう、撮影に要するスキルが格段に違うのであって、早いハナシべらぼうに難しいのであります。

 光の量に対して、シャッタースピードや絞り値をどれ位の値で設定すればいいのか、加えてISO値はどうするのか、といった“撮るため”の判断を、光の量つまり周囲の明るさが変化する度、またはどういう雰囲気の写真を撮りたいのかによって、絶えず考えていかなければならないという、相当に厄介極まりない作業が強いられるのであります。なんかほとんど愚痴っぽくなってます・・・、スミマセン。

IMG_3647.JPG IMG_3636.JPG

 まぁ、フルオート(全自動)で撮ってしまえば、そんな厄介な作業はせずとも済むわけでありますが、哀しいかな、フルオートで撮った写真では満足できなくなるのも、人間の性(さが)なのでありましょう。

 ところで、こちらがパチリしていると、稀に“一眼レフ”で撮影している学生に出くわすことがあります。そしてさらに稀にどういう設定値で撮っているのか質問してくる学生が現れる。いろいろ話しているうちに「どんな写真撮った?」というハナシになる。で、見せてもらうと“いい写真”に遭遇したりしなかったりするのでありますが、ここに4点、学生の撮った“いい写真”を紹介いたします。作者は国分寺校2年在学中の井出翔太くんで、国分寺校学園祭の一コマだそうであります。奇しくも写真には“一眼レフ”で撮影する他の学生が写り込んだものもありますが、当然写り込んでいるので井出くん本人ではありません、あしからず。

79DDB782-018F-4042-A7FC-8D381EFAB07E-34227-000023BCA54CA312.JPG

 撮影技術というものも、理美容師さんにとっては一つの重要なスキルになる可能性のあるもの。井出くんには、今後ともいい写真を撮って欲しいものであります。

SNS Share
       
MONTHRY ARCHIVE
  • お問い合わせ
  • 募集要項
  • 学園ブログ
  • 在校生へのお知らせ
  • 国際文化教育総合研究所
  • 国際文化学園事業部
  • 活躍する卒業生
  • THE BARBER
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • 東京の美容専門学校は国際文化理容美容専門学校。美容師・理容師の国家資格免許の取得に向けてヘアメイク・カット・ネイル・ブライダル・エステ・着付など、美容のすべてを学ぶ環境です。技術専門の教員が中心に授業や就職面をサポートします。
    最新のファッション・アート・カルチャーを日々体感できる「渋谷校」、広いスペースと充実した設備が特徴で、新しい商業施設と昔ながらの住環境が共存する「国分寺校」がございます。
    2つの校舎で「つくす心」を教育理念として美容理容の技術者の育成に力を注いでおります。