国際文化理容美容専門学校

渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定

BLOG

MONTHRY ARCHIVE
  • 18.12.13
  • 年金のおはなし

_MG_6558.JPG

 国際文化には、こんな“授業”もあるというオハナシ。

 かつて、日本を指して“世界で唯一、社会主義が成功した国”と揶揄されることが、少なからずありました。もちろん、日本は“自由主義”の国ということで間違いないのでありますが、日本の社会システムは大いに“社会主義的である”というのが、他所様の主張なのでありましょう。

 “自由主義”の第一義は、何といっても“自由”であるということで、豊かな暮らしを得たいのであれば、それなりに“労働”しなければならないし、逆にそんなに豊かでなくてもいいのであれば、働かなくてもいい。つまり“自由”なのであります。その代わり、働かないから食べていけなくなっても“国”は知りませんし、介入しませんよ、というのが乱暴な言いようではありますが“自由主義”国家の基本。

 “社会主義”国家の基本は、食べられなくなったら可哀想なので“国”がなんとかしますよ。でも、国はお金ないからみんなで働いて、少しずつ納めて下さいね、とこうなる。国民全員が、国家に対して同質同量の労働を提供して同量の賃金を得る、というのが“理想の社会主義”なのでありましょうが、この地球上でその理想を叶えた国は、未だ現れておりません。

 その“社会主義”国家の理想に最も近づいた国の中で、且つ“豊かさ”をも手に入れた国が、“自由主義”国家の“日本”というのは、何とも皮肉なハナシなのでありましょう。

 で、日本を“成功した社会主義国”といわしめる“二大システム”が“国民皆保険”と“国民年金”の確立であったというのは、周知のハナシ。このシステムのおかげで、日本はある程度“均一”な社会を築けたのでありましょう。

_MG_6529.JPG

 ということで、過日、国際文化では『日本年金機構』より職員のみなさんをお招きして、2年生(128期)を対象とした『知っておきたい年金のおはなし』と題したセミナーを開催した次第。ある程度“均一な社会”を維持していくことの意義を、考えさせられるセミナーとなったようであります。

SNS Share
       
MONTHRY ARCHIVE
  • お問い合わせ
  • 募集要項
  • 学園ブログ
  • 在校生へのお知らせ
  • 国際文化教育総合研究所
  • 国際文化学園事業部
  • 活躍する卒業生
  • THE BARBER
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • 東京の美容専門学校は国際文化理容美容専門学校。美容師・理容師の国家資格免許の取得に向けてヘアメイク・カット・ネイル・ブライダル・エステ・着付など、美容のすべてを学ぶ環境です。技術専門の教員が中心に授業や就職面をサポートします。
    最新のファッション・アート・カルチャーを日々体感できる「渋谷校」、広いスペースと充実した設備が特徴で、新しい商業施設と昔ながらの住環境が共存する「国分寺校」がございます。
    2つの校舎で「つくす心」を教育理念として美容理容の技術者の育成に力を注いでおります。