国際文化理容美容専門学校

渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定
MONTHRY ARCHIVE
  • 20.03.11
  • 記者冥利

_DSC1466.jpg

 取材…。取材する側は、ふつう聞きたいことがあるから取材する。当たり前田のクラッカーだ。一方、取材される側からすれば当然話したくないこともあるハズで、聞きたいこと話したいことが一致すればその取材はスムーズに運ぶことになる。

 ただ取材というのは、聞き手話し手コミュニケーションそのものなので、上手くコミュニケートできれば、聞き手聞きたいこと以上の情報を手に入れることができるし、話し手は話をする過程で、それまで自身でも気づかなかったことに気づくという副産物を得ることができる。つまり上手くコミュニケーションがとれれば、その取材聞き手話し手双方により多くの収穫をもたらすことになる…。とまぁ、これ、長年取材を行っているワタクシの愚考。

 考えてみれば、これは取材に限らず、人と人とのコミュニケーション全般に云えることではなかろうか。会話(コミュニケーション)が進めば、どんどん解放されてフラストレーションが放出されていく。だからと上手くコミュニケートできた時に、ある種の達成感というか爽快感みたいなものを覚えるのだろう。

_DSC1387.jpg

 ところで、3月10日(火)、本学(国際文化理容美容専門学校 渋谷校/国分寺校)に、今春創刊40周年を迎えられた『ザ・ビューレック』という美容業界紙の編集長と副編集長が取材に訪れました。

 取材テーマは『伝承』とのことで、日本文化の伝承に注力する本学に白羽の矢が立った寸法か、本学の取り組みを平野理事長荘司校長とに取材。約2時間に及んだ取材の後、荘司校長は「楽しかった」と述べて、ある種の爽快感に浸っているようだったとか。

 取材者にとって、取材後、対象者に「楽しかった」と言わしめるのは、上手くコミュニケーションがとれた証しで、記者冥利に尽きるなぁ…と思ったワタクシでありました。

SNS Share
       
MONTHRY ARCHIVE
  • お問い合わせ
  • 募集要項
  • 活躍する卒業生
  • 在校生へのお知らせ
  • 国際文化教育総合研究所
  • 国際文化学園事業部
  • 国際文化学園 美容考古学研究所
  • THE BARBER
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • 東京の美容専門学校は国際文化理容美容専門学校。美容師・理容師の国家資格免許の取得に向けてヘアメイク・カット・ネイル・ブライダル・エステ・着付など、美容のすべてを学ぶ環境です。技術専門の教員が中心に授業や就職面をサポートします。また入学者を募集しています。AO入試、指定校推薦、公募制推薦入試、一般入試などのご相談は、オープンキャンパス・個別の見学会にてお待ちしております。