国際文化理容美容専門学校

渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定
MONTHRY ARCHIVE
  • 20.07.27
  • 4割増の力

_DSC2674.jpg

 連休を控えた先週の7月22日(水)、1年生(134期)は約1ヶ月半という一学期を終え、終業日を迎えました。夏休みに入った学生、例年ならば海に山にバイトにと青春を謳歌するオトシゴロなのでありましょうが、今般のコロナ禍にあって、彼らはいったいどんなを過ごすのでありましょう…。

 ところでこの日、そんな1年生を尻目に2年生(132期)は『一学期末実技試験』に臨んでおりました(2年生の終業日は7月31日)。課題は理容科が『ワインディング』に美容科が『オールウェーブセッティング』。ともに例年の一学期と同じ試験内容だったようで、出来栄えコロナ禍ハンデを感じさせない仕上がり具合を見せていたようであります。

_DSC2691.jpg _DSC2761.jpg

 特に美容科の『オールウェーブセッティング』は国家試験課題実技国家試験は例年どおりの施行ならば来年の2月。残り実質半年を余して合格ラインクリアしている作品が多かったようで、これから半年、本番に備えて更に精度スピードを上げていくもよう。

 ふつう、試験でも何でもそうだが、本番出来練習の6割と聞く。なかには100%以上の実力を発揮する猛者(もさ)もいるらしいが、それは稀。だから人は4割増の力を備えて本番100相応の力が出るよう、日々、精進を重ねるに違いない。

_DSC2786.jpg

 本番時に余裕の実力が備わっていれば、心に余裕が生まれて注意力が増し、つまらないケアレスミスも防げようというもの。でも、この余裕というもの、慢心ってやつと表裏一体で、そこに落とし穴がポッカリ口を開けているのが人生の機微、まったく厄介なハナシだ。

 人生、この余裕具合塩梅(あんばい)が難しいようであります。

 本学(国際文化理容美容専門学校 渋谷校/国分寺校)では、日頃から学生に4割増の力を持たせるべく教職員が励んでいるところでありますが、やはり国家試験になると、どうしてもケアレスミスの報告が若干名舞い込むようで、4割増の力をつけたがための失敗とでもいうか、何ともジレンマのようであります。

_DSC2799.jpg

SNS Share
       
MONTHRY ARCHIVE
  • お問い合わせ
  • 募集要項
  • AO入学WEBエントリー
  • 在校生へのお知らせ
  • 国際文化教育総合研究所
  • 国際文化学園事業部
  • 国際文化学園 美容考古学研究所
  • THE BARBER
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • 東京の美容専門学校は国際文化理容美容専門学校。美容師・理容師の国家資格免許の取得に向けてヘアメイク・カット・ネイル・ブライダル・エステ・着付など、美容のすべてを学ぶ環境です。技術専門の教員が中心に授業や就職面をサポートします。また入学者を募集しています。AO入試、指定校推薦、公募制推薦入試、一般入試などのご相談は、オープンキャンパス・個別の見学会にてお待ちしております。