国際文化理容美容専門学校

渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定
MONTHRY ARCHIVE
  • 19.02.28
  • 人間の底力

_DSC3532.JPG

 2月も晦日を迎え、いよいよ明日から3月がスタートします。只今、2年生(128期)は3月3日に迫った“国家試験/学科”に向け、最後のラストスパート。一方、1年生(130期)は本日で“期末試験/学科”が終了しました。

 さて、ということで今日は昨日に引き続き“実技試験”のご報告を。今日は“美容科”の試験であります。

 理容科の試験報告では、“道具配置”に心を惹かれた旨をご紹介しましたが、“美容科”の試験では何に惹かれたのかといいますと、それは“仕上がり”なのであります。美容科の試験課題は“ワインディング”なのでありまして、ワタクシ、その巻き終わった“ウィッグ”の姿に惹かれたわけであります(別に変な趣味ないですよ・・・)。

_DSC3547.JPG _DSC3552.JPG

 1年生のなかには、一昨年、まだ彼らが高校生だった頃、頻繁に国際文化の“オープンキャンパス”に参加して憶え知った“顔”もちらほら。彼らもその頃は“ぎこちなく”ロットを巻いて、1本巻き上げては嬉しそうに笑顔を覗かせていたものでした。それが4月に入学して10ヶ月、ここまで“キレイ”に巻けるようになるものかと、正直、驚きというか“若いチカラ”にただただ恐れ入った次第。

 試験のタイムリミットは20分。全頭を20分で巻き終えなければいけないわけで、“ゼロ”に近い状態からここまでなるのに10ヶ月。しかも“ワインディング”だけじゃないのに・・・。“人間の底力”というやつを、まざまざと見せつけられたワタクシでありました。

_DSC3528.JPG

SNS Share
       
MONTHRY ARCHIVE
  • お問い合わせ
  • 募集要項
  • 学園ブログ
  • 在校生へのお知らせ
  • 国際文化教育総合研究所
  • 国際文化学園事業部
  • 活躍する卒業生
  • THE BARBER
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • 東京の美容専門学校は国際文化理容美容専門学校。美容師・理容師の国家資格免許の取得に向けてヘアメイク・カット・ネイル・ブライダル・エステ・着付など、美容のすべてを学ぶ環境です。技術専門の教員が中心に授業や就職面をサポートします。
    最新のファッション・アート・カルチャーを日々体感できる「渋谷校」、広いスペースと充実した設備が特徴で、新しい商業施設と昔ながらの住環境が共存する「国分寺校」がございます。
    2つの校舎で「つくす心」を教育理念として美容理容の技術者の育成に力を注いでおります。