国際文化理容美容専門学校

渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定
MONTHRY ARCHIVE
  • 19.11.28
  • 白い装束

_DSC1676.jpg

 毎月、月一のペースで開催されている『明治神宮 有職故実研究会』。本学(国際文化理容美容専門学校 渋谷校/国分寺校)に本拠を置く『衣紋道 東京道場』(荘司礼子 会長/本学校長)が主催して11月18 日(月)に行われた講習会は6回の開講を数え、“帛御服と御斎服”と題し、“大嘗祭の天皇陛下の御儀服”の解説を『有職文化研究所』の仙石宗久 代表よりご教授いただきました。

 この講義、先日行われた『大嘗祭』(だいじょうさい)に因んだもので、その際に天皇陛下が着用された“帛御服”(はくのごふく)と、同じ白装束でこれも天皇陛下が着用される“斎服”(神職のための神事専用服)の“御斎服”(ごさいふく)が説明されておりました。ただ、『大嘗祭』の内容については“秘事中の秘事”だそうで、まさに“神のみぞ知る”世界。解説したくとも出来ないのだそうでありました。

_DSC1617.jpg _DSC1638.jpg

 人が“神”と対峙する時に“白”の装束を身に着けるのは、洋の東西を問わないようで、先日来日されたフランシスコ教皇も、東京ドームで5万人を集めた“ミサ”の際に“白い装束”を着用されていたようでありました。

 この“白”という色、色の“三原色”(RGB/R=Red赤、G=Green緑、B=Blue青)を均等に混ぜ合わせた色ということで、“調和”を表す色なのだとか。

 今上天皇もフランシスコ教皇も、“白い装束”で世界の“調和”と“平和”を祈ったのでありましょう。

_DSC1653.jpg

SNS Share
       
MONTHRY ARCHIVE
  • お問い合わせ
  • 募集要項
  • 活躍する卒業生
  • 在校生へのお知らせ
  • 国際文化教育総合研究所
  • 国際文化学園事業部
  • 国際文化学園 美容考古学研究所
  • THE BARBER
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • 東京の美容専門学校は国際文化理容美容専門学校。美容師・理容師の国家資格免許の取得に向けてヘアメイク・カット・ネイル・ブライダル・エステ・着付など、美容のすべてを学ぶ環境です。技術専門の教員が中心に授業や就職面をサポートします。