国際文化理容美容専門学校

渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定

BLOG

MONTHRY ARCHIVE
  • 19.12.02
  • 「美容考古学」研究報告会

_DSC4531.jpg

 『美容考古学研究所』。本学(国際文化理容美容専門学校 渋谷校/国分寺校)には、こうした名称の機関が本拠を置いておりまして、日夜、古(いにしえ)の“髪型”を研究しているようであります。

 同研究所、発足の日がまだ浅く、只今、皮切りに“縄文時代”の“髪型”を研究しているところだそうで、出土されている“土偶”の“ヘアスタイル”から、その“スタイル”が実際に“人”の髪で“再現”できるか否かをメインに、その“技法”の再現をも目指し、ひいては“ヘアスタイル”に留まらず“メイク”など“美容技術全般”を考察し、往時の“美容文化”を探ろうというものだそう。

 本日12月2日(月)、渋谷校1号館を会場に、その“研究進展具合”をご披露する“研究報告会”を開催。多くの理美容関係者並びに考古学関係者の出席を仰ぎました。

_DSC4739.jpg _DSC4926.jpg

 会は、まず慶應大学文学部/安藤広道 教授による『美容考古学の意義と可能性』と題した基調講演で幕を開け、続いて同研究所 篠原研究員より、この研究の主旨が報告されました。その後、“土偶髪型”を再現したモデル2名が、縄文時代の布や髪型を研究する尾関清子 文学博士の再現した“縄文の衣服”を着て登壇。この“”研究の成果が視覚として示され、最後に尾関氏による“研究の苦労ばなし”などがあって和んだところで閉会となりました。

 閉会の挨拶に立った村田孝子 同研究所所長は、「これが、この研究所の第一歩です。今後とも皆様のご指導をお願いいたします」と結びました。因みに、次期報告会は未定とのことであります。

_DSC4829.jpg

SNS Share
       
MONTHRY ARCHIVE
  • お問い合わせ
  • 募集要項
  • 活躍する卒業生
  • 在校生へのお知らせ
  • 国際文化教育総合研究所
  • 国際文化学園事業部
  • 国際文化学園 美容考古学研究所
  • THE BARBER
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • 東京の美容専門学校は国際文化理容美容専門学校。美容師・理容師の国家資格免許の取得に向けてヘアメイク・カット・ネイル・ブライダル・エステ・着付など、美容のすべてを学ぶ環境です。技術専門の教員が中心に授業や就職面をサポートします。