国際文化理容美容専門学校

渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定
MONTHRY ARCHIVE
  • 20.03.23
  • 知らない世界

_DSC1551.jpg 

 この道の向こうに何があるのだろう。この海の果てはどうなっているのだろう。あの夜空はどこまで広がっているのだろう…。

 人の飽くなき探究心が人を冒険に駆り立て、世界を広げてきた。と云ってしまうのはあまりに先進国目線のハナシか。

 そうはいっても、人の知りたいという欲求が、結果として遠隔地同士の文化というものを混ぜ合わせてしまい、画一化された世界をつくるのに寄与してしまったはあるにせよ、攪拌することによって技術なり芸術なり、新しいものを生み出すをつくりだしたのもまた事実。

 と、お堅いハナシはそこまでにして、道の向こう海の果て、それに夜空の彼方何があるのか、なんて少しロマンチックに過ぎるだろうか。

 何故か人は知らない世界にある種のロマンを感じるようで、知らない世界の空想に耽るのは、苛酷な現実から逃避するのにうってつけ。ワタクシたちの大切な心の処方箋なのでありましょう。だって知らない世界を想像するだけでワクワクするでしょ。地球外生命体未確認生物などなど、みんな知らない世界が大好きなのでありますよ。

_DSC1548.jpg

 それが証拠に、本学(国際文化理容美容専門学校 渋谷校/国分寺校)の、この知らない世界を研究する『美容考古学研究所』が人気を集めている様子で、またまた新聞で紹介されておりましたのでご報告を。

 紹介されていたのは東京新聞 3月11日水曜日夕刊の『誉田亜紀子の古代のぞき見』([誉]の字は旧書体)というコーナーで、このコーナー、土偶女子を標榜し文筆家でもある誉田亜紀子(こんだ あきこ)さんが、全国の土偶四方山を訪ねるというもの。土偶の髪形から縄文時代の髪形を再現するという『美容考古学研究所』の活動が、誉田さんのお眼鏡にかなった格好か。

 それにしてもやっぱり、みんな知らない世界のハナシが好きなんだよなぁ…、と同研究所の人気ぶりに改めて気づかされるワタクシでありました。

SNS Share
       
MONTHRY ARCHIVE
  • お問い合わせ
  • 募集要項
  • 活躍する卒業生
  • 在校生へのお知らせ
  • 国際文化教育総合研究所
  • 国際文化学園事業部
  • 国際文化学園 美容考古学研究所
  • THE BARBER
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • 東京の美容専門学校は国際文化理容美容専門学校。美容師・理容師の国家資格免許の取得に向けてヘアメイク・カット・ネイル・ブライダル・エステ・着付など、美容のすべてを学ぶ環境です。技術専門の教員が中心に授業や就職面をサポートします。また入学者を募集しています。AO入試、指定校推薦、公募制推薦入試、一般入試などのご相談は、オープンキャンパス・個別の見学会にてお待ちしております。