国際文化理容美容専門学校

渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定

BLOG

MONTHRY ARCHIVE
  • 20.10.05
  • レトロビルヂングにて

IMG_1674.jpg IMG_1733.jpg

 モンマルトルの粗末なアパルトメントに暮らし、パン代も画材に費やしては描いた絵を売って細々と生活している…。

 これが、ワタクシの思い描く偏見に満ちた芸術家のイメージ。もちろん黒縁丸メガネにベレー帽を被っていなければならない。この超昭和なイメージはレオナール・フジタ(藤田嗣治)のものか…。

 そのイメージに引っ張られるからか、ワタクシの中では芸術×アパートの相性がすこぶるいい。何ならアパートに住まない芸術家は信用ならない、とさえ思ってしまう(笑)。もちろんそんなことは偏見に過ぎないと、自覚しているのでご安心を!

IMG_1679.jpg IMG_1731.jpg

 ところが、そんなイメージ(芸術×アパート)を持つ御仁が意外に多いものか、銀座にあるレトロ建築物マニア垂涎の『奥野ビル』(昭和7年築)は、全館ほぼアートギャラリーの巣窟と化していて、生活者が退室した部屋に画廊が寄り集まってきたのだそう(画廊だけじゃなくアンティークショップやクラシカルな靴屋さんも入ってますよ)。

 そうした『奥野ビル』にあるアートギャラリーの一つ、『港房』(こうぼう)さんで、本学国際文化理容美容専門学校 渋谷校/国分寺校)『文化論』の講師、鉄のゲージツ家こと青野 正さんは頻繁に個展を開催しているのでありますが、過日、8月31日(月)から9月5日(土)の会期にて『鉄物語』と題した個展を開催しておりましたのでパチリ。

 今回の個展、ここ数年来のテーマと思しき反戦色や宗教色の濃ゆい作品群が多かったようでありますが、それまでのキリスト教的な世界観のものから、仏教色の強いものへの移行が見られ、ズバリ小さな仏像パンチング格子状に配された曼陀羅(マンダラ)然とした作品の作風にも見られたように、それはちょっとコミカルで、一種重苦しさから解放されたかのよう(あくまでも個人的な感想ですヨ)。

IMG_1699.jpg IMG_1704.jpg

 それは、キリスト教仏教宗教観の違いに起因したものか、はたまた氏の内面の変化に起因したものか定かではないが、それを確かめる上でも今後の氏の作風に注目したいところ。

 そんなわけで、銀座のレトロ建築物で開催された青野 正さんの個展が、少しファニーで少し反戦チックで、少し宗教がかった、お馴染みのアオノワールドだった、というオハナシでございます。

IMG_1705.jpg

SNS Share
       
MONTHRY ARCHIVE
  • 学校案内
  • アクセス
  • 募集要項
  • 総合型選抜(旧:AO入学)WEBエントリー
  • 在校生へのお知らせ
  • 国際文化教育総合研究所
  • 国際文化学園事業部
  • 国際文化学園 美容考古学研究所
  • THE BARBER
  • 教員募集
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • 東京の美容専門学校は国際文化理容美容専門学校。美容師・理容師の国家資格免許の取得に向けてヘアメイク・カット・ネイル・ブライダル・エステ・着付など、美容のすべてを学ぶ環境です。技術専門の教員が中心に授業や就職面をサポートします。また入学者を募集しています。総合型選抜(旧:AO入学)、学校推薦型選抜【指定校制】(旧:指定校推薦入学)、学校推薦型選抜【公募制】(旧:公募制推薦入学)、一般選抜(旧:一般入学)などのご相談は、オープンキャンパス・個別の見学会にてお待ちしております。