国際文化理容美容専門学校

渋谷校/国分寺校
厚生労働大臣指定

理美容師の給与・年収

SALARY・ANNUAL INCOME

理容師・美容師の仕事を収入から考えると、かつて注目を浴び、一時代を築いた「カリスマ美容師」たちに象徴される「腕一本で稼げる」まさに芸能人やプロスポーツ選手とならぶ実力の世界とされています。技術力とコミュニケーション力を武器にニューヨークや経済発展が著しいアジアの国々にも活躍の場を広げる理容師・美容師たち。
日本でもSNSでの情報発信力による新規顧客の獲得により多くのフォロワーを抱え、ブランド力のある有名サロンで予約が取れないトップスタイリストたちの年収は、20代半ばでも1000万円を超えるともいいます。他方で、厚生労働省による賃金に関する統計データによれば、理容師・美容師の平均年収は、約275~300万円程度となっています。華やかで流行の先端を担う夢のある仕事である理容師・美容師のキャリアから、まさに己の腕次第となる「給与・年収」について考えてみましょう。

理容師・美容師の初任給は?

まず理容師・美容師のスタートラインとなるアシスタントの初任給は、総支給額は概ね17~19万円台が中心で、大卒なみの20万円以上の初任給を提示する美容サロンも見られるようになりました。従来の理容師・美容師のイメージでは、アシスタントの時は、長時間労働と低賃金の修業時代とされ、現在も規模の小さい個人経営のサロンなどは、理美容問わず高卒程度の初任給が一般的です。しかし、近年、最低賃金同様に都市部や人手不足が深刻な地方中核都市の経営力のあるサロンで初任給が上昇傾向にあります。

理容師・美容師の福利厚生は?

25万軒に迫る美容所(室)、12万軒を有する理容所(室)とも圧倒的に個人経営が占めています。他方で、店舗数を拡大し、100人規模の従業員を抱え、法人格を有し大型化するサロンも増加してきました。個人経営では、当然一般的な企業とは比較できないでしょうが、企業化されたサロンでは、これまで加入が進んでいないとされていた社会保険への対応も進み、完全週休二日制や女性が多く活躍する業界の特性から、出産・育児休暇制度などの働きやすい就業環境の整備が広がりつつあります。
またセット面も多くスタッフ数の多い一定規模のサロンでは、チームワークが必要になるため様々な交流の機会を設けることが多く、定着率の向上に取り組みも重要です。その背景には、後述するように人手不足に加え、専門職としての理容師・美容師の人材流動性が高いという理美容業界の構造的な要因も指摘できます。
理容師免許の新規取得者の絶対数が少ない理容業界、また圧倒的な店舗数を誇る美容業界ともに、全国から理容美容専門学校生が集う有名サロンを除いて、総じて人手不足の売り手市場です。そのため平均3年から5年程度とされていたスタイリストデビューまでの教育カリキュラムを短く設定するサロンも少なくありません。

理容師・美容師のキャリアと給与・年収は?

理容所(室)では、職位は細かく細分化されていない場合が多いですが、美容所(室)では、アシスタントからジュニアスタイリスト、スタイリスト、トップスタイリスト、ディレクター、マネージャーなどの職位のキャリアを積んでいくことが一般的です。理容師と美容師の違いに加え、サロンの労務・人事管理の形態によりこれらの職位・給与体系も異なりますが、いずれの場合も集客力と職位に比例し、年収も上昇していくことになります。つまり理容師・美容師の給与・年収は、サロンもしくは、個人としての「集客力」、すなわち「売上」に寄るところが非常に大きいといえるでしょう。
美容師のキャリアでは、アシスタントまでの給与は、基本給と職能給、スタイリストになると、それに指名料と歩合給が加わることが一般的です。また業界の求人情報誌には、スタイリストデビュー1年で月給50万円達成などの文言も謳われています。

理容師・美容師の給与・年収の仕組みは?

スタイリストへの指名料と歩合給のパーセンテージの上げ幅は、指名される固定客と新規顧客で異なる場合も多く、一概には言えません。例えば、単純計算で、一ヶ月間の売上が100万円で10%、200万円で15%、300万円で20%が歩合給の場合、固定給20万円のスタイリストが300万円を売上げた場合の月収は80万円になるわけですが、この歩合給のパーセンテージの割合の上げ幅の設定は、サロンの集客動員やアシスタントの数を要因にサロンごとに大きく異なってきます。そのことがより条件のよいサロンへの転職の誘因になるともいわれますが、転職先でも同様に売上げられるか、また独立した場合も同様に売上られるかも、技術者の腕次第となります。その売上を考えるときに重要になるのがアシスタントの存在と顧客の平均単価です。高いメニュー料金の設定は、サロンの立地やブランド力とも相関していますが、一日で一人の理容師・美容師で担当できる顧客数は、メニュー内容にもよりますが施術時間を鑑みても自ずと限界があります。そこでアシスタントの存在が不可欠になるとともに、お客様が平均して支払う金額で、売上も大きく左右されるからです。
他方で、近年は、リーズナブルな価格で特定の施術に特化したサロンのニーズも高く、低価格での施術を希望される顧客を動員し、高い回転率で経営を成功させるチェーン店も存在感を発揮しています。その場合は、理容師・美容師の個々人の売上に差がでることはなくなるため歩合給の割合よりも固定給を重視する給与体系もあります。

独立するかフリーランスになるには?

一般的には理容師の方が技術者(プレイヤー)として長く仕事を続けられるとされていますが、美容師でも一定のキャリアを積み、マネジメントやスタッフ教育に専念する場合もあるでしょう。また経営規模の大きなサロンでは独立支援の制度も整備されており、これまでのサロンでのキャリアの延長線上に経営者となることも可能です。他方、海外や撮影の仕事など、さらなる成長と活躍の場を求めて、転職することもあるでしょう。「手に職系」の専門職である理容師・美容師のキャリアを考えると、一定のキャリアを積むことで、独立やフリーランス(自営業・自由業)などの働き方の選択肢も広がります。理容師・美容師自ら独立してサロンを開業する場合は、将来的にアシスタントを雇用するとなると管理理容師・管理美容師の資格取得が重要になります。

自分の集客力と売上は?

正社員ではなく、業務委託やフリーランスとして、面貸し、時間貸しといわれる独立しなくても個人事業主として働く就業形態も広がりつつあります。いずれの場合もSNSでの情報発信力により自ら集客し、仕事を獲得していく人脈に加え、経営に関する知識、特に労働法や確定申告など税金面から各種社会保険の申請手続きなども必要です。独立するかフリーランスになるかは、自分のキャリアを自律的にプランニングする能力と覚悟を持ち、自らの集客能力と売上を十分考慮することが前提になります。
多様な働き方が可能であることからも、それぞれのメリット・デメリットをしっかり捉えることが必要です。自由な裁量の反面、労働者として、労働法の保護を受けられなくなる場合もあり、業務委託や請負契約には、給与面などで一定の課題が想定されることにも留意が必要です。お客さまから選ばれる専門職として、己の腕に見合った収入を獲得するには、自身の理容師・美容師としてのキャリアから望ましい働き方と納得できる給与・年収を考えることが何より重要になります。

出典・参考文献

  • お問い合わせ
  • 募集要項
  • AO入学WEBエントリー
  • 在校生へのお知らせ
  • 国際文化教育総合研究所
  • 国際文化学園事業部
  • 活躍する卒業生
  • THE BARBER
Twitter
Instagram
Other SNS
  • Facebook 渋谷校
  • Facebook 国分寺校
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • 東京の美容専門学校は国際文化理容美容専門学校。美容師・理容師の国家資格免許の取得に向けてヘアメイク・カット・ネイル・ブライダル・エステ・着付など、美容のすべてを学ぶ環境です。技術専門の教員が中心に授業や就職面をサポートします。
    最新のファッション・アート・カルチャーを日々体感できる「渋谷校」、広いスペースと充実した設備が特徴で、新しい商業施設と昔ながらの住環境が共存する「国分寺校」がございます。
    2つの校舎で「つくす心」を教育理念として美容理容の技術者の育成に力を注いでおります。